So-net無料ブログ作成

その17 潜水艦ヴェシッコ号 [ヘルシンキ&タリン旅行記 (2011/10)]

世界遺産としてすっかり観光名所なスオメンリンナ要塞ですが、実はここに第二次大戦中のUボートがひっそりと展示されていたりします。個人的には要塞よりもこちらが目当てでスオメンリンナまで出掛けたのは内緒。

その潜水艦は要塞の主要観光ルートからちょっと外れた場所にあります。
橋を渡った後、島の岸に沿って歩いていくとそれは見えてきます。

P1000587.jpg
木々の先に見えるアレが、潜水艦ヴェシッコ号
しかし遠目から見ても、展示しているというよりもただ適当に置かれているだけという感じは否めません(笑)

P1000590.jpg
ちょっとした崖を下り、近づいてみました。
Uボートの現物なんてそうそう見れるモノでもないので、ちょっと興奮。

Uボートと一部のガイドブックには紹介されているヴェシッコ号ですが、実際はちょっと違います。
実はこのヴェシッコ号、元々は第一次大戦で敗戦して潜水艦の建造を禁じられたドイツが、密かにオランダに造船会社を設立し、そこでフィンランド海軍向けに設計された(建造自体はフィンランドで行われた)もの。なので厳密にはUボートではなく、UボートⅡ型のベースとなった潜水艦という事のようです。詳しくはこちらを↓

潜水艦ヴェシッコ号 - Wikipedia(翻訳)

P1000591.jpg
船体側面には"VESIKKO"のプレートが。

P1000592.jpg
船体下部に中に入れるハッチがありますが、潜水艦のこんな場所にハッチがあるとは考え辛いので、おそらくは後で付けたものなのではないかと。(間違っていたらゴメンナサイ)

P1000595.jpg
ちなみに内部は潜水艦博物館として一般公開されている模様…ただし夏期限定で。
見たかったよ〜(涙)

P1000601.jpg
P1000598.jpg
艦橋と上部甲板。もの凄く乗ってみたい感じ。かっけー(だから子供かよ!)

P1000593.jpg
艦橋アップ。

P1000596.jpg
船体後尾。水上船型らしいフォルム。スクリューと舵が完全に見えちゃってます。

P1000599.jpg
…しかしホントに展示しているっていうよりも、無造作に置かれているような感じにしか見えない罠。夏期以外は中にすら入れないし。かなりどうでもいい扱いのような気も。
ちなみに要塞自体にはそれなりに観光客がいた筈なのに、こんな扱いの所為ゆえかここには我々以外人っ子一人いませんでした(笑) 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ケンイチ

私もつい先々週にスオメンリンナ島へ行きこのヴェッシッコ号の外見の写真まではできましたがあいにくオープンが帰国日、同じく見に来たカナダ人のアベックもガッカリしました。残念です。
by ケンイチ (2017-05-23 01:08) 

かささぎ

> ケンイチさん
はじめまして。
この時期のヘルシンキはいかがだったでしょうか。私が訪れた10月上旬は晩秋といった感じで、スオメンリンナ島ではかなり寒い思いをした記憶があります(笑) フィンランドはムーミンワールドといい、夏限定というトラップが観光客泣かせのような気も。
by かささぎ (2017-05-23 21:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0