So-net無料ブログ作成
検索選択

ラオスにいったい何があるというんですか? [本]

ファイル 2015-11-22 23 21 52.jpeg
村上春樹の最新刊を読了。
なんというかラオス人を煽るような(笑)タイトルですが、中身は紀行文集という事で旅のエッセイを集めたものとなっております。

村上春樹の紀行文は、他の旅行ライターなどにありがちなうんざりするようなナルシストぶりや上から目線の押し付けがましさみたいなものが無いので安心して楽しめるのですが、今回もなかなか面白く読ませて頂きました。
前作が自伝的エッセイだったのもあって割と抑えめな文体で綴られていたのに対し、今作は紀行文という事もあってかなり村上春樹らしい遊び心に溢れたレトリックで書かれているというのもポイント。

紀行文集なので幾つかの旅のエッセイが収められている訳ですが、一番読んで行きたくなったのはアイスランドですね。ホントいつか行ってみたいです。あとラオスのルアンパバーン(村上春樹的表記だとルアンプラバン)のアマンタカは前にTVの旅番組で観た事がありますが、確かにアマンらしく素敵そうなホテルでした。


フィンランドのエッセイは実際に行った事がある場所なのもあり、読んでいてちょっと嬉しくなったりも。ヘルシンキもハメーンリンナも紹介されている通り結構良いところです。治安も良いし食事だって悪くない。


個人的にはかなり面白く読めた一冊。村上春樹ファンでない人でも楽しめると思いますよ。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0