So-net無料ブログ作成

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた [本]


この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

寝る前にちまちまと読み進めていたものをようやく読了。

タイトル通り、大災害などでこの世界を支える科学文明が崩壊した場合に、再び一から文明を再興するには何が必要なのかを検証する思考実験がこの本のテーマ。
しかしそれは同時に人類がいかにしてこの文明を築いていったのかを再検証する試みでもあり、読む側は人類の文明を支える様々な科学技術の歴史を紐解く事にもなります。

取り上げられている技術は実に様々。衣食住から医療、エネルギー、交通機関など多岐にわたるので読む側としては少々退屈に感じる項目なども中にはあったりする(勿論興味深いものも多い)のですが、本書の性質的にはそれは仕方ないところ。

個人的には最終章で語られる著者の考え方は好きですね。ある意味楽観的にも感じられるところがいかにも科学者っぽくて。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0