So-net無料ブログ作成

へんてこバスと飴玉くるり 第1巻 [マンガ]

2015-08-30 16.14.53.jpg
まんがタイムきららキャラットで連載中の『へんてこバスと飴玉くるり』の第1巻。
単行本で買おうかとも思ったけど、BookWalkerのポイントが余っていたの電子書籍版で。

著者の笛さんはTarte時代(多分『ひなたぼっこ』辺り)から好きだった絵描きさんなのですが、きらら系で漫画家デビューされていた事をつい最近まで知らなかったり。(たまたまきんモザが出張した絡みでキャラット買ったら載ってたという…)

笛さんといえば独特なタッチとメルヘン&ファンシーな世界観のあるイラストで一部では知られていた方なのですが、本作もそんな笛ワールド全開でとっても可愛らしく不思議なお話となっています。月光号のヘンテコリンなデザインや設定も、何だかよくわからない小さな生き物達も、可愛いけどかなり個性的な登場人物達もとにかく不思議でメルヘンチック。でも一応舞台は日本(特に関西)で普通に梅田とか鳥取とか地名が出てくるからますます不思議だったり。


世界観が独特なので人を選ぶ作品かもしれませんが、個人的にはとっても面白く読ませて頂きました。

ハロー!!きんいろモザイク 寄せ書きタペストリー [きんいろモザイク]

ハロモザの放送終了記念で作成された『寄せ書きタペストリー』が本日到着。

2015-08-28 11.20.47.jpg
描きおろしのカラーイラストの上には、きんモザに携わったスタッフの寄せ書きがいっぱい!

2015-08-28 11.14.24.jpg
まずは原作者の原センセイ。可愛らしいイラスト付きで!

2015-08-28 11.15.08.jpg
天衝監督もカラーイラスト付き。

2015-08-28 11.15.45.jpg
副監督の名和さんも。

2015-08-28 11.16.35.jpg
キャラデ、総作画監督の植田さんはアリスを描いてくれています。これまたカワイイ!

2015-08-28 11.17.14.jpg
他にも脚本・シリーズ構成のゆにこ女史や、

2015-08-28 11.18.32.jpg
キーアニメーターの野中さん、

2015-08-28 11.17.51.jpg
素敵な楽曲できんモザの世界を彩ってくれた川田瑠夏さん、

2015-08-28 11.19.12.jpg
名プロデューサーの富岡P、

2015-08-28 11.19.57.jpg
そして何とFosseFarmhouseのキャロンさんまでも寄せ書きに参加。

勿論他にもRhodanthe*のメンバー含めキャスト陣、美術さんや芳文社の編集者さん、フライングドッグのプロデューサーさんやスタジオ五組のスタッフさんなど様々な方々の寄せ書きが盛り沢山。いや~これはホント良いモノです。ファンなら買って損無し。


でもこういうのを見ると、3期を期待せずにはいられませんよね。

ハロー!!きんいろモザイク Blu-ray Vol.3 [きんいろモザイク]

2015-08-26 00.45.46.jpg
ハロモザのBD3巻。原センセイ描きおろしケース絵はアヤヤのシンデレラ。
勿論王子は陽子です。ちょっとはにかんだような笑顔のアヤヤがとても可愛いです。
植田さんのジャケ絵もアヤヤ&陽子。こちらのアヤヤも同じような表情でこれまた可愛らしい。

3巻は第5話と6話を収録。勇スランプ&わらしべ回に穂乃花&先生ズ高校時代回ですね。
5話はやっぱりゲス顔アリスがたまりません。あと改めて見返してもアリスが麦茶を噴くシーンのまなみんの演技にはやっぱり笑ってしまいます。
6話も大好きな回。高校時代のからすちゃん最高です。あとこの回は構成がホント上手いと思うんですよね。

今回のキャラソンはアヤヤの『なついろモーニンググローリー』
何だか昔の正統派アイドルの歌っぽくて実に良いです。

付録のハロー!!大解剖3は設定表とスタッフ座談会&メインキャスト座談会など。スタッフ座談会はかなり突っ込んだ内容なので必読。7話のあの鮭の皮の事も載っています(笑)


そして今回の目玉は何といっても、

2015-08-26 00.46.40.jpg
2015-08-26 00.46.12.jpg
2015-08-26 00.46.59.jpg
原センセイ描きおろしの全巻収納BOXです。
もう可愛過ぎて可愛過ぎて。1期のBOXも素晴らしかったけど、今回のも最高の可愛らしさ。
(しかもBDやCDで使われているイラストは画集に収録されない傾向にあるので貴重)

2015-08-26 00.47.16.jpg
そしてBOX上部にはイギリスバトル編のイラストも。これもイイ!

という訳で大満足なハロモザBD3巻。
例の如くまだキャラコメ&キャストコメはまだ観ていないので、この後の楽しみだったり。

わかば*ガール主題歌 『初めてガールズ!』 [わかば*ガール]

2015-08-26 00.49.01.jpg
わかばの主題歌CD。歌っているのはアニソン歌手のRay。
初回限定盤のDVDにノンクレジット版OPが収録されるというのでそっちを購入したのですが、初回版はジャケがRay仕様だったという罠。(通常版はアニメイラスト)

2015-08-26 00.49.17.jpg
でも、裏に一応通常版のイラストもあるから…べっ、別に悔しくなんてないんです(謎の敗北感)
ちなみにメイトで予約したのでRayのブロマイドとリバーシブルポスター(初回版と通常版のジャケで両面)をいただきました。ブロマイド…扱いに困る(笑)


一部でティ◯ポティン◯言われている主題歌ですが、フルで聴くとあまり日常系っぽくないノリノリの楽曲だったり。これはこれで。

そしてお目当ての一年藤組バージョン。これを聴いた時、

「そうそう、日常系アニメのOPはやっぱりこうだよね~」

と思わずにはいられなかったです。歌唱力は圧倒的にRayバージョンなんだけど、やっぱり日常系は主演声優陣が歌っている方がしっくりくるんですよね。一回くらい藤組バージョンのOP流して欲しいなぁ…。

ロンドンからコッツウォルズへの日帰り観光プラン [旅行]

イギリス・ロンドンに行くのであれば、やっぱりコッツウォルズにも足を伸ばしてみたいところ。
特にきんモザファンにとっては作品の聖地(?)という事もあり、行くのはもはや使命のような気さえするようなしないような。

そんな訳でコッツウォルズへの日帰りプランをここ最近いろいろ考えていたのですが…これが予想以上に難易度高めだったり。
ベストなのはやはりレンタカーで周るという選択肢なのですが…流石にペーパーには酷というもの。
お手軽なのは現地ツアーを利用するという選択肢ですが…これまた行ける場所や行動に制限が多くてイマイチ。

なので一番無難なのは電車とバスを利用して個人で周るという選択肢になるのですが…これはこれで今度は電車とバスのダイヤに悩まされる訳で。コッツウォルズは小さな村々をいろんな路線のバスが結んでいるのですが、これがまあどの路線も極端に一日の本数が少ないのなんの。特に目的地のひとつバイブリーなどは8月の観光シーズンを過ぎるとバスの本数が一気に減って(尤も観光シーズンでもそんなに多くない)しまうので…結果、そのバスの時間を中心に行程を組んでいかなくてはならなくなるのです。まさかこんなところでバス旅のリーダー太川陽介ばりの苦労をさせられるとは(笑)

で、いろいろ考えてみた(オックスフォード経由とか、ケンブルから北上してモートン・イン・マーシュに抜けるルートとか…)のですが、結局は行く場所を最低限に抑えた無難なプランに。


出来たプランはこんな感じ。

パディントン→(鉄道)→ケンブル→(881番バス)→サイレンセスター→(855番バス)→バイブリー→(855番バス)→サイレンセスター→(コーチ)→ロンドン・アールズコート

取り敢えずケンブル駅サイレンセスター市街、そしてバイブリーを押さえておけばきんモザ聖地巡礼としては大体OKかと。本当はカッスルクームまで行ってFosseFarmhouseに宿泊したいのですが…あくまで日帰りというのが奥さんとの約束なので。


と、こんな風にプランが固まったので、早速チケットの手配。
まずはパディントンからケンブルまでのチケットをNationalRailで購入。

2015-08-24 16.00.15.jpg
ここは何故かEチケではなく、予約番号と購入した時に使ったクレカを使って駅の券売機で発券しないといけない仕様。他のヨーロッパの鉄道会社と違ってちょっと面倒臭い。

お次は帰りのコーチ(長距離バス)のチケット。
何故帰りが鉄道ではなくコーチなのかというと、主に値段と電車の時刻表の問題で。特にサイレンセスターからケンブルに行くバスが極端に少ないので、ならばサイレンセスターから直接ロンドンまで行ってしまえ、と。

2015-08-24 16.01.42.jpg
こちらはNationalExpressCoachesで購入。普通にEチケをプリントアウトして持っていく仕様でした。


後はコッツウォルズを巡るバスのチケットですが…これについてはコッツウォルズ・ディスカバーなる一日乗り放題のチケットがあるらしいとの情報なので、そちらを買ってみようかと。ただ情報が少ないのでもう少し調べてみないとかも。

わかば*ガール オフィシャルアートブック [わかば*ガール]

2015-08-23 20.07.53.jpg
夏コミで販売されていたモノをゴニョゴニョして入手。
若干後ろめたい気持ちもあるのですが、オサーンにはコミケ行く体力も気力も無いのです…。

中身はわかばのTwitterに掲載されている応援イラストをまとめたモノ。
全65枚(原センセイ含む)のイラストはなかなか見応えアリです。
(でも知名度高い絵描きさんはあずまゆきさんくらいかも)


わかばの場合今後オフィシャルでグッズや何かが出る可能性も低そうなので、こういうモノは案外貴重かもしれません。

まんがタイムきららMAX 15年10月号 [きんいろモザイク]

2015-08-19 23.27.41.jpg
今月号の表紙はリゼ(というかロゼ?)&マヤ。
この師弟コンビ(?)がガーリーな雰囲気というギャップ萌えな表紙です。

シノ部情報はRhodanthe*のアルバム収録曲情報と元日のセカンドライブの発表。
ラジオサポーターズクラブ会員だと優先申し込み出来るのですが…元日とかまず休み取れない。
折角会場も参加し易い場所で良かったのに…何故元日なんだろう?むむむ。

きんモザ本編は穂乃花&アリスという珍しい組み合わせの回。この組み合わせも面白いなぁ。
今回もギャグのキレが半端ありません。シノの夢の内容がやば過ぎ。そしてアヤヤ…一体何者なのだ?(笑)
でもって本編はついに3年に進級する雰囲気に。クラス替えと修学旅行のイベントは既に確定しているようです。

ごちうさは千夜&シャロメイン回。やはり千夜&シャロこそ至高。
シャロとワイルドギースのエピソードがこんなところでネタとして絡んでくるとは(笑)

こみがは新キャラのホラーまんが家フーラ先輩登場。
これまた相当ダメそうなキャラですが…夏限定キャラなのかレギュラー化するのかは今後に期待。

先月号から連載となったはんどすたんど!も新キャラ登場。
面白いんだけどななみのキャラが強過ぎて、他のキャラの印象が薄くなっているのが難。
でもこれから話が進むと変わってくるかな〜とも思いますが。


アリノスは次号で完結とか。地味に好きな作品だったのですが…。

ひもうと!うまるちゃんS 1巻 [マンガ]

2015-08-19 23.27.50.jpg
うまるちゃんのスピンオフ第1巻。
『となりのヤングジャンプ』にWEB連載していたものなので中身的には既に読んでいたものが大半。原作がすっかりほのぼの&イイハナシ系になってきているのもあってか、こちらの方がギャグ分高め。
妹Sのデフォルメ絵も可愛いです。

でも一番笑ったのはスピンオフ読み切りのうまるちゃん大好きおじさんだったりしますが。アレは反則杉。

シェーバーを買い換える [家電]

image.jpg
使っていたシェーバーの外刃に穴が開いてしまったので急遽買い換える事に。
それなら替刃を買えば良いだけでは?と思われるかもしれませんが、替刃高いし本体のバッテリーも持ちが悪くなってきたし…という事で買い換えに。

で、今回は今までのブラウンではなく敢えてパナソニックを選択。ゾンアマで評価高めなラムダッシュES-AST2Aにしてみました。


取り敢えず明日使ってみないと何とも言えませんが、ちょっと期待。

ファイブスター物語 13巻 [アニメ]


ファイブスター物語 (13) (100%コミックス)

何故か新刊リリースがウェブニュースの記事にまでなってしまうFSSの最新刊。まあ9年ぶりの新刊だから話題にもなりますよねぇ(笑)

連載再開の時から噂には聞いていましたが、本当にMHがGTMに変わってしまったようで。正直デザイン的にも「う~ん…」という感じなのですがどうなのだろう?
他にも作中用語などが大幅に変更になっていて(マイトがガーランドとかいろいろ)ただでさえ複雑で訳分からん話が余計ややこしく。国家や騎士団も更に何か増えてるし…多分ざっと読んだだけだと中身の半分も理解出来ていないような気が(苦笑)

しかしFSSも来年で連載30週年ですか。
思えばこの作品こそ中二病の先駆者的存在とも言えるような。設定上だと清々しいまでの俺Tueeeやってるし…でもあくまで設定上だけで実際の作中ではそれぞれ結構苦戦してたりもするのが最近の俺Tueee系とは違うのではありますが。
あと連載30年の割には相変わらず画力がそのまんまだったり、ギャグのセンスも当時の寒いノリのままだったり…まあ今の10代、20代辺りに受け入れられる要素は無いよなぁ(苦笑)


まあそんな事を言いつつ、どうせ次巻が出たらまた買っちゃう訳ですが(出たらの話だけど)