So-net無料ブログ作成
検索選択

ひなこのーと 2巻 [マンガ]

ファイル 2016-08-27 22 06 30.jpeg
ごちうさ5巻と同じ日に発売になったひなこのーとの2巻。
帯にありますがアニメ化決定との事。またパンでなんちゃらのような5分アニメなのかそれともちゃんとした30分枠なのか…。

ファイル 2016-08-27 22 06 38.jpeg
メイト特典は4コマしおり。他店舗の特典に比べるとマイルドで良いです、うん。

おそらく現段階でこの作品がキューンの看板作の一つなのだと思うのだけれど、まあ何というかきらら系萌え4コマのフォーマットにややエロめのエッセンス(主に女体描写)を加えた感じなので、アニメ化の素材としては悪く無いかもな〜とも思ったり。でも単行本2巻でアニメ化となると…30分ものだと結構オリジナル分多めじゃないと難しいでしょうね。

ご注文はうさぎですか? 5巻 [マンガ]

ファイル 2016-08-27 22 06 13.jpeg
ごちうさの新刊を無事入手。
4巻発売時は熊谷のアニメイトに行ったら品切れで仕方なく別の書店で購入という羽目に合ったのですが、今回は入荷数を増やしていたのか発売日夕方でも余裕でした。

ファイル 2016-08-27 22 06 22.jpeg
メイトのショップ特典はチノの魔法少女バージョン。でも心なしか若干絵のタッチが変わったような?

中身については毎月連載時に読んでいるので特には触れませんが、巻頭エピソード(2015年9月号掲載分)が連載時にはカラー2Pだったのに対し、単行本では追加でプラス3P分カラー化されています。こういうのはなかなか珍しいですね。


※そういえば某所で指摘があった青ブルマ観察日記の回は今回も未収録なようで…その号のきららMAXはもう処分しちゃってスキャナで取り込んだデータしか手元に無い罠。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅in台湾 THE MOVIE Blu-ray [路線バス乗り継ぎの旅]

ファイル 2016-08-26 17 06 01.jpeg
全国のバスタビアヌスな皆さんがお待ちかねのバス旅BDを入手。
本当は映画館で観たかったのだけど、当時観に行く暇が無かったのでBD発売を心待ちにしておりました。

ファイル 2016-08-26 17 06 11.jpeg
BDには今回の旅の経路マップが付属。

ファイル 2016-08-26 17 06 20.jpeg
そしておまけとして蛭子さんのイラストシールが付いてきました。ビニール傘(笑)

バス旅本編ですが、いや〜面白かったです。流石リーダー太川とヱビスさん、舞台が台湾でも内容は相変わらず。マドンナ三船美佳とも良い雰囲気で今回の組み合わせはなかなか良かったかも。


そして今回もやっぱりあった黒ヱビス語録。

・多分ここの国は行き当たりばったりで生きてるよみんな。
・(バックパッカー向け安宿を見て)民宿は…絶対寝れないし、何か地獄に堕ちた感じになっちゃう。
・民宿に泊まると思ったら涙が出てきた。
・(バス車内は飲食禁止で)予想ですけど、こっちの人は食べだしたら汚くするんだよ絶対。

…この辺りはなかなか強烈でした(笑)


映像特典の舞台挨拶集も1時間近いボリュームでこちらも笑わせて貰いました。
オーコメはまだ観ていないのでこちらも楽しみ。

まんがタイムきららMAX 16年10月号 [きんいろモザイク]

image.jpeg
今月の表紙はチマメ隊。

シノ部では劇場版キービジュアル第2弾が公開。キービジュ見るにプリティ・デイズは学校祭以外に単行本5巻収録のフォワード出張版エピソードもやってくれるみたいです。これはますます楽しみ。

きんモザ本編はカレン陽子回。この組み合わせのエピソードは珍しいですが、相変わらずいろいろぶっ飛んでいて面白いです。特に鞠つきをするアリスのコマが最高に可笑しい。

こみがはつーちゃん&小夢のデート回再び。というかつーちゃん女子力アップ計画みたいなお話。どうでもいいけど煽り文に爆乳姫子先生って書くのは反則技だと思う(笑)

今月は更にアトリエ探訪も掲載。今回はMAX作品ではなくてNEW GAME!の得能さんでした。関係ないけどアニメ版はよく出来てますね、NG。流石みでしスタッフ。

はんすたは文化祭の出し物を決める話。そして意外と引っ張るポスターネタ。あと貝→具で一箇所誤植ありました。どうでもいいですが。

ごちうさはシャロチノ回。これだけキャラ増えていてそれでも毎回まんべんなく登場させられるネーム作りが何気に凄いです。


そういえばきんモザ最新7巻の表紙が出ましたが、やはり今回のメインは修学旅行でした。特典とか見て予約を考えなくては…。

その11 攻略!エムクオーティエ [バンコク旅行記(2016/06)]

バンコク4日目。
この日はマッサージ以外特に予定を入れていなかったのでホテル周辺でのんびりする事に。

ファイル 2016-08-11 20 41 50.jpeg
という事で、暇なのもあってエンポリアムの2号館として昨年オープンしたというエムクオーティエをぶらついてみるのでありました。

ファイル 2016-08-11 20 41 01.jpeg
エムクオーティエはプロムポン駅を挟んだ向かい側の敷地に建っていて、エンポリアムとは駅のペデストリアンデッキ的な通路で繋がっている感じ。

1階グランドフロアはフロアの半分位が食品関係。有名どころもいっぱい出店していて、

ファイル 2016-08-11 20 42 00.jpeg
ハロッズとか、

ファイル 2016-08-11 20 42 10.jpeg
DEAN&DELUCAとか、

ファイル 2016-08-11 20 42 19.jpeg
フォションとか、

あとはピエールエルメとかまあバブリーなショップがいろいろ。意外だったのはそんなバブリー物件に混じってロイズとかルタオなどの北海道の有名店が多数テナント出店していた事でしょうか。どうやら東南アジアでは北海道が一大ブランド化しているようです、多分。

ファイル 2016-08-11 20 42 28.jpeg
…タイローカルなパティスリーの中には著作権的にアレなマカロンとか売っていたり。

2階より上はファッション関係がメイン。目立つのはGAPとかZARAとかユニクロとかのファストファッション系のテナントで高級ブランド系はそれほど多くない印象(その辺りは本家エンポリアムと棲み分けしている感じ)。後はタイの若手デザイナーのもの集めたショップなどもあったような。

ファイル 2016-08-11 20 42 36.jpeg
4階(だったかな?)には以前はエンポリアムにあった紀伊国屋が移転。売場はかなり広くなっていました。あと場所柄とにかくおハイソな駐在員ファミリーが多い印象。


ファイル 2016-08-11 20 42 44.jpeg
エムクオーティエは2つの建物に分かれていて、連絡通路で繋がっています。

もう一つの建物についてはフロア面積がそんなに広くないのでテナントも少なめですが、その分ちょっと高級な雰囲気。そして上の方に行くと空中庭園とレストランのフロアになっています。

ファイル 2016-08-11 20 42 51.jpeg
ファイル 2016-08-11 20 43 00.jpeg
ファイル 2016-08-11 20 43 08.jpeg
ファイル 2016-08-11 20 43 44.jpeg
エスカレーターを上ると屋外テラスが丸々庭園に。これは「おーっ!」ってなりますね。

ファイル 2016-08-11 20 43 16.jpeg
ファイル 2016-08-11 20 43 22.jpeg
でも謎なコンセプトのオブジェも。

ファイル 2016-08-11 20 43 29.jpeg
ファイル 2016-08-11 20 43 36.jpeg
庭園からは向いのエンポリアムやベンチャシリ公園もよく見えます。


と、こんな感じのエムクオーティエですが、エンポリアムを合わせると大抵の事はプロムポンで事足りちゃうんじゃないかなって思えるくらい充実したショッピングモールなのでありました。(尤もこの記事でそれが伝わっているとは到底思えないが…)

バチカン近現代史 [本]


バチカン近現代史 (中公新書)

タイトル通り近代(フランス革命以降)から現在までのバチカンの歴史を分かり易く解説した本。個人的にローマ教皇領からバチカン市国成立までの歴史の流れとかに興味があったのもあって、なかなか楽しめる内容のものでした。
対戦前〜冷戦期の徹底した反共産主義、内部での穏健派・改革派などの対立、反共の結果としてのファシズムへの加担などいろいろ興味深い歴史が垣間見えてきて、読んでみるとバチカンに対する認識がちょっと変わるかもしれません。

しかし個人的にはローマ法王=ヨハネ・パウロ2世のイメージが大きかったりする訳ですが、やはり読んでみると抜きん出て偉大な法王だったのだなと改めて知る事に。まあ後任のベネディクト16世も生前退位などあって別の意味で特別だったりしますが(ネットでの扱いも…)


バチカンに興味のある人、旅行でサン・ピエトロ大聖堂やバチカン美術館に行ったような方などにはオススメの一冊です。

iPad Air2を敢えて買う [iPad]

image.jpeg
気まぐれに何故かこのタイミングでiPadを新調してみた。しかもiPad ProではなくてAir2。

まあ実際のところ、今使っている第4世代が流石にいろいろヘタってきているのが理由だったりしますが。あと近所のPCデポで製造終了の128Gが安売りしていたのも理由。

image.jpeg
という事で開封。本当はゴールドが良かったのですが、スペースグレイしか在庫がないというので仕方なく。でもコレはコレで新鮮かも?

Casa BRUTUS 16年9月号 [本]

ファイル 2016-08-10 20 52 18.jpeg
アジアリゾート特集という事で購入。

予算的に手が出なさそうなホテルばかりなのは相変わらず。まあ目の保養って奴ですかね。

ただこの手の特集にありがちな「私が選ぶベストリゾート」的企画はページの穴埋めなのかもしれなけど飽きたというか正直人選がつまらないと内容もつまらなくなるというか。座談会企画もかなりアレな内容でう~んって感じ。これも人選がどうにも。

それ以外の特集記事は良いと思うのだけれど…。

その10 Divana Divine spa [バンコク旅行記(2016/06)]

この日の午後は予約を入れていたスパを受けに。
予約を入れていたのはバンコクで一軒家スパを複数展開しているDivanaの"Divana Divine spa"というスパ。

トンロー駅前からトゥクトゥクの送迎があるというので、バン〇クナビでの予約の際にピックアップ時刻を指定していたのですが…これが時間になっても来ない。で、遅刻しそうなのでタクシーを捕まえて急いで向かっていたところ、バ〇コクナビの担当者から電話が。

…どうやら予約で入力させられた時刻はピックアップ時刻ではなく、スパの開始時刻だったらしい。でもあのHPの文面は読解力がある人間ほど誤解する内容だと思うマジで。(実際他にも同じ目に合った人がいるみたいだし)

ファイル 2016-08-06 0 33 10.jpeg
ファイル 2016-08-06 0 33 19.jpeg
ファイル 2016-08-06 0 33 27.jpeg
とまあバンコ〇ナビに対する愚痴は置いといて、無事到着したDivana Divine spaの写真など。


ファイル 2016-08-06 0 33 36.jpeg
まずは受付でメニューの確認とマッサージオイルのチョイスなどを。遅刻してきた我々にも親切かつ丁寧に対応してくれたスパのスタッフには頭が下がります。

ファイル 2016-08-06 0 33 46.jpeg
ファイル 2016-08-06 0 33 55.jpeg
トリートメントルームに向かう通路の内装もなかなかの雰囲気。

ファイル 2016-08-06 0 34 03.jpeg
ファイル 2016-08-06 0 34 12.jpeg
今回案内されたトリートメントルーム。内装は一応モロッコを意識したものなんだとか。


で、2時間コースのオーガニックアロマティックマッサージを受けた訳ですが…やっぱりマッサージは良いですね。至福のひと時。


ファイル 2016-08-06 0 34 20.jpeg
施術の後にはスパではお約束のレモングラスのお茶とマンゴー。マンゴーには着色したもち米が付いていたのでカオニャオマムアンみたいな感じ。

ファイル 2016-08-06 0 33 00.jpeg
そして帰りはきちんとトゥクトゥクで送迎して頂きました。アリガトウゴザイマス。

その9 一風堂のトムヤム豚骨ラーメン [バンコク旅行記(2016/06)]

この日の昼食はエンポリアム内の一風堂で。何故タイにまで行って一風堂なのかと言われると…まあ何となく?

image.jpeg
でも折角バンコクの一風堂に入ったのだから、現地限定メニュー的なのをと思い『トムヤム豚骨ラーメン』を注文。(それと角煮まん)

image.jpeg
で、出てきたのがこちら。

image.jpeg
頭付きの海老がドーンと自己主張しております。
お味の方はトムヤムペーストに濃厚な豚骨スープが混ざって程良い辛さとコクでなかなかのもの。かなりイケます。


…でも店内はお客さんでいっぱいなのに、見渡すと皆頼んでいるのは赤丸や白丸など定番ばかりのような。まあ現地の人からすれば(価格的にも高級な)日本食のラーメンを食べに来てるのだから王道を注文ってのが当然なのでしょうけど。