So-net無料ブログ作成
検索選択
わかば*ガール ブログトップ

わかば*ガール 公式ファンブック [わかば*ガール]

ファイル 2015-12-26 20 16 24.jpeg
本日発売のわかばのファンブックを入手。表紙はアニメ版キャラデの石田可奈さん描き下ろし。

ファイル 2015-12-26 20 16 37.jpeg
そして裏表紙は原センセイ描き下ろしの若葉姉&母。

このファンブックの目玉は何と言っても原センセイによるわかばの新作4コマ。後半のアルバイト話はアニメの十四葉に使われたエピソードでもあります。前半の携帯の話には、原作単行本ではあまり触れられていなかった乙葉さんと柚葉さんの関係などが垣間見えてきて面白かったですね。(この二人の立ち位置はきんモザの先生ズにちょっと近くて、ひょっとするとこの二人が加わった事で原センセイも続きが描きやすくなったんじゃないかなとか思ったりも)

それ以外はアニメのキービジュアルや設定資料、各話あらすじ、キャスト&スタッフインタビューなど。ちょっと珍しいのは監督のインタビューが無い(イラストコメントで1ページのみ)ところ(笑) あと石田可奈さんのキャラ設定画はホント可愛いです。もっと大判で見たかったなぁ。

そして巻末の原センセイのインタビュー。わかばのアニメ化は最初ドッキリかと思ったなどいろいろと興味深いお話が。定期連載などでなくても良いので、時々わかばの新作も描いて欲しいなぁ…なんて思わせてくれるようなインタビューでした。

わかば*ガール Blu-ray Vol.2 [わかば*ガール]

ファイル 2015-10-23 11 01 24.jpeg
わかばのBD無事フラゲ。

Vol.2は八葉〜十三葉と、特典の十四葉を収録。
改めて通しで観ましたが良い出来の作品だな〜とつくづく。

…ただ個人的にはオリジナルエピソードである十葉の大袈裟なギャグ描写(わかばちゃん大車輪とか要塞化した小橋家など)が、原センセイのテイストと若干異なる感じで浮いていた気もしましたが。あとオリジナルエピ全体でお金ネタを乱発し過ぎというのも気になったかな〜とか。

でもそこ以外は本当に素晴らしい出来で原作ファンとしても大満足なものでした。

特典の十四葉は原センセイの原案(12月に出るファンブックに収録予定)を元に作られた新規エピソード。勿論サブタイの『温泉つかりたい』は毎度の事ながらタイトル詐欺です(笑) これがまた実に面白いので興味のある人は是非BDで。(原作はきれいに終わっているのですが、これを観るとやっぱり続きを読んでみたくなりますね。不定期連載でも良いのでまた描いて欲しいなぁ…)

付録のAR台本は十三葉と十四葉のもの。この台本のメインキャスト4人の書き込みがホント良いんですよね。見ていて楽しくなります。


ファイル 2015-10-23 11 01 36.jpeg
そして何より今巻の目玉は原センセイ描き下ろし全巻収納BOX。いや〜これマジ可愛いっす。

ファイル 2015-10-23 11 01 47.jpeg
絵柄は四季になっていて、わかばが春、萌が夏、柴さんが秋で真魚が冬をイメージしたものになっています。秋の柴さんの衣装は十四葉のアレですね(笑)


と、大満足な内容のわかばBDですが、悲しいのはこれで完結という事。そのうち続編が作られるといいなぁ…OVAでも良いので。

わかば*ガール Blu-Ray Vol.1 [わかば*ガール]

ここからまた平常運転。

2015-09-17 19.49.56.jpg
わかばのBD1巻が到着。ジャケ絵はキャラデの石田可奈さん描きおろしです。

2015-09-17 19.49.45.jpg
中身はこんな感じ。
第一葉と三葉の台本はキャスト陣のコメントがいろいろ書き込まれていて見ていて楽しいです。意外と良特典。活動日誌と称されたブックレットには若葉と萌子のキャラ紹介&キャスト座談会前編を収録。台本とブックレットを収納するケースも付いています。

本編は第一葉~七葉までを収録。改めて見返しても原作の再現度が高いです。キャスティングもバッチリだし作画も丁寧だしで本当に文句なしのクオリティ。でも…映像特典にノンテロOPが収録されているとは。一体何の為に初回限定盤のCDを買ってしまったのだろう…。

イベントはどうしようかな…わかば*ラジオも一応聴いてるけど、Rhodanthe*と比べると…ううむ。


ちなみにBD2巻は映像特典の十四葉と原センセイ描きおろしの収納BOX付きなので、これまた楽しみです。

わかば*ガール主題歌 『初めてガールズ!』 [わかば*ガール]

2015-08-26 00.49.01.jpg
わかばの主題歌CD。歌っているのはアニソン歌手のRay。
初回限定盤のDVDにノンクレジット版OPが収録されるというのでそっちを購入したのですが、初回版はジャケがRay仕様だったという罠。(通常版はアニメイラスト)

2015-08-26 00.49.17.jpg
でも、裏に一応通常版のイラストもあるから…べっ、別に悔しくなんてないんです(謎の敗北感)
ちなみにメイトで予約したのでRayのブロマイドとリバーシブルポスター(初回版と通常版のジャケで両面)をいただきました。ブロマイド…扱いに困る(笑)


一部でティ◯ポティン◯言われている主題歌ですが、フルで聴くとあまり日常系っぽくないノリノリの楽曲だったり。これはこれで。

そしてお目当ての一年藤組バージョン。これを聴いた時、

「そうそう、日常系アニメのOPはやっぱりこうだよね~」

と思わずにはいられなかったです。歌唱力は圧倒的にRayバージョンなんだけど、やっぱり日常系は主演声優陣が歌っている方がしっくりくるんですよね。一回くらい藤組バージョンのOP流して欲しいなぁ…。

わかば*ガール オフィシャルアートブック [わかば*ガール]

2015-08-23 20.07.53.jpg
夏コミで販売されていたモノをゴニョゴニョして入手。
若干後ろめたい気持ちもあるのですが、オサーンにはコミケ行く体力も気力も無いのです…。

中身はわかばのTwitterに掲載されている応援イラストをまとめたモノ。
全65枚(原センセイ含む)のイラストはなかなか見応えアリです。
(でも知名度高い絵描きさんはあずまゆきさんくらいかも)


わかばの場合今後オフィシャルでグッズや何かが出る可能性も低そうなので、こういうモノは案外貴重かもしれません。

アニメ 『わかば*ガール』 [わかば*ガール]

2015-07-07 20.42.56.jpg
いよいよぼちぼち夏アニメも始まった訳ですが、今期気になっていたのは『うまるちゃん』と『わかば*ガール』の2作。(まあ他にもいろいろ観るつもりではありますが…)

で、期待のわかば1話を視聴。

…良いです。とっても良いです。

10分アニメにしては作画良いです。キャラデが石田可奈さんという事で期待はしておりましたが、想像以上に原センセイの絵柄の再現度が高いです。動く若葉たちが本当に可愛らしい。

キャストも違和感なしで、イメージ通りの声でした。若葉と萌子はまんまシノとアリスといった感じで、一瞬西さんとまなみんが演じているのかと錯覚しそうな程。(でも本当は小澤亜李さんと井澤美香子さん) 真魚のM・A・Oさんは名前繋がりの人選(笑)かと思いきや、かなり役にハマっています。驚いたのは柴さん役のりえしょん。キャストが発表された時は正直「え?」と思ったのですが、実際観てみると見事に柴さんでした。こういう演技もイケるんですね~。

脚本はあの花田大先生。という事で一部ではああだこうだ言われていましたが…1話観て安心しました(笑)


という訳で大満足な出来の『わかば*ガール』
これはBD購入不可避な流れですね…。

わかば*ガール [わかば*ガール]

image-20131027215740.png
昨日仕事帰りにアニメイトで無事ゲット。

きんモザの原悠衣センセイが過去に別の出版社の雑誌(創作工房の『乙女通信』)で連載していた作品を、芳文社が単行本化したものとの事。(どうも連載3回目で掲載誌が休刊したらしい)
単行本がおよそ90頁なのに対し、過去の連載部分は30頁程なので…ほぼ2/3が新規に描き下ろしという贅沢な内容です。
※勘違いでした。よくよく見直したら第5話16頁分でしたね、新作。(1話8頁連載と勘違いしておりました)

…ていうか原センセイちょっと働き過ぎでは?


内容は某所にあった通り、きんモザ好きなら確かに楽しめる作品でした。若葉ちゃんカワイイ。

この作品、連載時期がほぼきんモザ開始時期と重なるのもあって、キャラクター設定もきんモザと重なる部分があります。若葉と萌子はそれぞれシノとアリスの設定をミックスして2で割った感じだし、柴さんは初期のアヤヤっぽいジト目キャラだし…そうやって読むとまた別の楽しみがあるというか。
ギャグの面白さもきんモザ同様ですが、まあどちらもある意味異文化交流ギャグ(?)なので似ているといえば似ています、やっぱり。


後半部分が描き下ろしというのもあり、ラストの方の引越しネタとかはどうしてもきんモザのこれから先の展開を意識してしまいます。うーん。(最後のクラス替えネタはきんモザと対になっていてそこも面白かったのですが)


取り敢えずきんモザ好きなら迷わず買うべしな作品です。オススメ。
わかば*ガール ブログトップ